« BAR”S” | トップページ | マイドームおおさか »

2004.05.24

昭和漫画風雲録・続き

漫画ネタが無いと寂しいココです。

さて、最近購入したマンガは、コンビニコミックで21エモンの2巻目。定期購読でぼくドラの7号。ぼくドラもネタには相当苦しんでいるご様子。詳しくは別の日にでも書こう。

今日の本題は、先に購入していた「昭和漫画風雲録・地の巻」。なつかしの漫画編とSF漫画編。以下、掲載作と作者。

なつかしの漫画
赤塚不二夫 おそ松くん(せいぞろいスモッグ一家)
永島慎二 漫画家残酷物語(陽だまり)
つげ義春 チーコ
石森章太郎 白い少年(ミュータントサブ)
高森朝雄/ちばてつや あしたのジョー(最終話)
山上たつひこ 心
藤子不二雄 新・オバケのQ太郎(U子なんか大きらい)
松本零士 海軍拳銃1851
手塚治虫 鉄腕アトム(ブラックオックスの巻)
手塚・赤塚・石森・永島・松本・やなせたかし・小野耕生のよる座談会

SF漫画
松本零士 ヤマビコ13号
藤子不二雄 カンビュセスの籤
石森章太郎 窓
吾妻ひでお めざめの時
吾妻ひでお すーぱーがーる
小松崎茂 地球SOS
永井豪 都市M1
手塚治虫 安達が原
松本・小野の対談

本では、石ノ森章太郎、藤子・F・不二雄と記載されているが、個人的な思い入れで、石森章太郎、藤子不二雄とさせてもらった。

で、内容。
なつかしの漫画 アトムにジョー、おそ松、オバQあたりは完全なる一般教養でしょうな。それ以外も、作者のネームバリューから入って当然。
SF漫画 こういう本の性質上、長編作は無理。特筆すべきは、吾妻を入れたのは当時としてもよく頑張ったなと思う。小松崎も同様だが、もはや別格。ぱあろく自身、藤子はともかく、手塚、松本、吾妻の作品は既に読んだことがあることから、有名どころを揃えたなと思われたりして。(当時として)

これも、基本テキストとして購入するのが吉。

深夜、キッズで放送中のMEZOで、「殺され屋」を連呼してたが、藤子ファンとしては、数少ないモーニング掲載作の「殺され屋」を思い出してしまいました。

|

« BAR”S” | トップページ | マイドームおおさか »

コメント

初めまして!
TBさせて頂きました。
ヤマビコ13号の記事を書いたのです。

投稿: ぶー | 2005.10.20 19:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30245/644231

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和漫画風雲録・続き:

» ヤマビコ13号 [ぶー書店]
★★★ 奇想天外社刊の松本零士短編 [続きを読む]

受信: 2005.10.20 19:52

« BAR”S” | トップページ | マイドームおおさか »