« ささきいさお、キター! | トップページ | バーバーハーバー »

2004.05.31

ちょいと動揺

えらいもん、見ちまったよ。詳しくは読んでからだ。

んで、買いましたよ。仕事を終わるや否や、わざわざ梅田の旭屋に走って。(ネットなんてまどろっこしい。)
「漫画に愛を叫んだ男たち」(長谷邦夫著)
なぜぱあろくが走ったかというと、詳しくは、トラックバック先の大田さんのブログとさらに先のリンクのページを参照。

んで、読んでみての感想。
全体の7割ぐらいが良く語られ、見られている範囲だと思う。(例えば、北見けんいちの新宿マンガ村とか)
で、根っこはブレーンであった長谷氏の赤塚不二夫(酒による)転落観察日記。それと、トキワ荘作家の老い。
これは悲しい様だが、マンガ家、特にギャグマンガ家の生き様なんだろうな。

で、一大関心事だった、藤子先生のコンビ解消話は、その当時東京に遊びに行ってて、某藤子ファンダムの幹部からぶっちゃけ同じ話(以上の)を聞いていたので、さほどの衝撃は無い。(ぱあろくと親交のある東京の藤子ファンダムの幹部って狭いな)
言っちゃなんだが、トキワ荘関係でも、もっとえげつない、相続関係の記事が週刊誌に出たことがある。
それに比べたら、すごく理路整然だ。藤本先生、自ら死を感じてきっちりしておこうという思いから、権利関係で揉めるより、すっきり分けちゃおうなんて考えを出したんだと思う。まぁ、それ以上に家族を超えた、安孫子先生の理解がないとできないよ絶対。自分には嫌な感じがなく、素直に読めた。

それに比べて、赤塚が転落していく様、寺さんのアルコール漬けの死、手塚治虫の死、藤本先生の大病あたりの記載はつらい。苦痛だ。
トキワ荘に興味のある方は読んでみてもいいと思う。ただし、税込2000円近いのは高いね。

|

« ささきいさお、キター! | トップページ | バーバーハーバー »

コメント

ぱあろくさんがココログを始めていたことに動揺が走りました(笑)。今後ともよろしくお願いします。

投稿: 大田康湖 | 2004.06.01 20:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30245/683631

この記事へのトラックバック一覧です: ちょいと動揺:

» ヨシ坊の幸福(しあわせ) [パーマニアの日々]
 大竹宏の最近のインタビューを発見したのでご紹介。 BOOKアサヒコム  私の好 [続きを読む]

受信: 2004.06.01 20:09

« ささきいさお、キター! | トップページ | バーバーハーバー »