« 最近買った本(7月号) | トップページ | 大阪麺通団 »

2004.07.23

コミック星新一・第2弾

極めて一部の世界で反響を呼んだコミック星新一の第2弾が出た。
以下、作品名と作者名。
「空への門」鬼頭莫宏
「鏡」羽央
「患者」東山むつき
「冬の蝶」阿部潤
「処刑」阿部潤
「程度の問題」人見茜
「宿命」川口まどか
「ゆきとどいた生活」鈴木志保

なるたるの鬼頭莫宏氏しか解らんかったが、それぞれ皆さん有名な方みたいね。(おいおい)
作品的には第1弾と比べて、ややマニアックか?
個人的には「ゆきとどいた生活」はよーく覚えてて好きな作品だ。
「空への門」に、『ほしづる』が多用されているが、どれぐらいの人が『ほしづる』をご存知なんだろうか?

6月17日の記事で、志村貴子さんを初めて紹介したが(というか書いただけ)、それより前に購入していた第1弾で「生活維持省」を描いていたのね。という訳で、志村貴子さんの本を勢いで買っていなかったことが判明されたのでした。パチパチ。

第1弾のラインナップを紹介して、この記事は終了。
「ボッコちゃん」JUN
「金色のピン」川口まどか
「天使考」木々
「殺し屋ですのよ」かずはしとも
「おーい でてこい」鯖玉弓
「午後の恐竜」白井裕子
「現代の人生」有田景
「生活維持省」志村貴子
「夜の事件」小田ひで次
「箱」小田ひで次

|

« 最近買った本(7月号) | トップページ | 大阪麺通団 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30245/1035511

この記事へのトラックバック一覧です: コミック星新一・第2弾:

« 最近買った本(7月号) | トップページ | 大阪麺通団 »