« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004.09.26

8年か・続き

続きにするほどのことでもなかったが、ちと。
MISTTIMES.com Blogさん経由で、色々なブログを拝見させてもらった。
みんな若ぇ~。8年か、やっぱり大きいよな。

しかしながら、小学生や中学生時代で藤子不二雄の新作を読めなくなるというのは辛い。
自分がその時、小中学生ならあっさり別な道を進んでいるかも。
(ということは、ブログで読んだ皆さんの情熱は凄いです。)

脂の乗った「いい」時代を共有できたのは、少し先に生まれた自分の特権だと思う。
ちょうどドラえもんが始まった年ぐらいに産まれ、ドラえもんテレビ放送(2回目)スタートぐらいに小学校入学。
コロコロコミックは高校卒業までは毎月買って、年に一度の大長編に感動し、
第3次藤子アニメブーム(魔美アニメ化ぐらいのときかな)の最中にアニメにどっぷりつかり、
藤子アニソンをフルコーラスでかけてくれるラジオ番組に出会い、
ファンクラブもいくつかの団体を経験させてもらった。

本当にあの時は楽しかった。

ん、これではまるで走馬灯を見てるみたいだ。まだまだ死ねない。
8年前は社会人×年生だった男の独り言。

8383氏コメントどうも。
世間てのは、最初は騒いですぐに忘れるもの。
ファンてのは、自分が死ぬまでずっと覚えてて忘れないもの。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.09.25

8年か

藤本先生が亡くなって8年か。早すぎるよな。

藤本先生の死以降、藤子F(人物なり作品なり)に対する真っ当な評価が始まった。
俺は藤子イズムを持って作品を描くぜという心意気を感じさせる漫画家たちも増えた。

しかし、生きた藤子・F・不二雄がいないマンガ界はつまらない。
非常につまらない。

過去の想いで生きている。
それだけ。


もうすっかりオジサンだ。文章能力も落ちてしまった。
4年前に書いた文章がここ
8年前のも上記に書いている。
昔からヘタレな文章だけどね。

今回も藤子ファンの端くれとして書かせてもらった。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2004.09.21

メモ(子どもの科学教育)

こんな記事があった。

文部科学省の役人様、そ・こ・で「ドラえもん」ですよ!
悪いことは言わない。生活科や理科の副読本にドラえもんを読ますこと。
おませな奴にはSF短編でもよし。
小学校卒業のときは、すっかり最低ランクの科学知識はクリアして、立派なSFファン予備軍になります(^^)

ついでに、歴史嫌いな中学・高校の連中には「風雲児たち」を読ませなさい。
日本の近代史だけ、異様に詳しい奴が生まれます。

はっ!全部自分のことか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

溜まったな

マナではなく・・・
あー、イリスのアトリエのおかげで書きたい記事が溜まりに溜まってるよ。

ぼくドラ15号と、コンビニコミック(ドラ、ハットリ*2)と、ポピュラーサイエンスと、最近買ったマンガと、最近買った文庫本と、地理のページと、最近呑んだ話と・・・
後日まとめて、ドン!と書くことにしよう。
でも書いておこう。ポピュラーサイエンスは、藤子・F・不二雄特集だ。買いだ。詳しくは後日。


3連休中、引きに引きこもってゲームをしてたが、どうしても先に進めなくなり、攻略本買いに京橋へ。
買った本を見ると肝心要の知りたいとこが書いてない。そういえばもう一冊(2巻組みだが)売っていたなと店に戻るともう無い(愕然!)
もう一軒、紀伊国屋へ行くも見当たらず、ガックシ。(まぁ、ここでMYB夫妻と久しぶりにご対面というサプライズが。)
やけくそになって梅田まで出て、旭屋でやっと購入。無茶無駄遣い。円田ー無礼ン(ほんまに無礼!)許さんっ!!

まぁ、ポピュラーサイエンスを見つけ買うことができたので、よしとするか。(いいのかっ!)

というか、30まわって納得するまでゲームするのはしんどいです。(じゃあするなよ。)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004.09.16

ガストの人気シリーズの最新作

エターナルナマではありません。
アトリエシリーズの最新版のエターナルマナ。
太鼓のゲームやらしたら手の皮剥けるわ、体を使う射撃ゲームやらしたら2日間筋肉痛でのたうちまわる人間が、
嫌がらんと買い続けているゲームが2シリーズ。そのひとつがアトリエシリーズ。
マリーのアトリエの面影はほとんど無い状況ながら、妖精さんが出れば満足してる。(ガンダムシリーズのハロ、藤子関係の小池さんみたいな印象か?)
しかし、RPG性が非常に高くなって、しんどい。近場で薬草取って、工房で調合してるだけで楽しいゲームなのだが。

で、ゲームやりこんでいてブログの筆が進まない。クリアまでは遠そうだ。

というか、こりゃ相当前に発売されてたみたいね。攻略サイトがチラホラ。
しかし、わたしゃ途中で行き詰ってマス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.13

筋肉痛

ゲームセンターでしゃがみこむ体制も強いられるガンシューティングをやった(モチロン酔っ払ってだがw)翌日、本当に死ぬかと言う体験をした。
階段を昇れない、降りられない。足がヘロヘロ状態(説明し辛いな)で一歩進むごとにしびれまくり。
通勤経路は階段のアップダウンが激しく、行きも帰りも、もう死にそう。
それが二日も続いて、もうあかんかもしれないね、なんて妄想を考えたりもした。

まぁ、3日目にはなんとか足も復帰しましたが。

で、ここに宣言する。太鼓の達人に続き、しゃがみこむ体制も強いられるガンシューティングはやらないと。

というか、自分、運動不足過ぎ!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ぎんずし

先週もちょくちょく呑み食いしたんですが、週末ちと忙しくて忘れてしまった(バカ)。
というか、台風やら地震やらでバタバタしっ放しで、呑むのを断るという珍しいことあったりして・・・

で、行った中で特記すべきが「ぎんずし」。金曜、U御大に無理矢理引っ張られて行きやした。
場所は、鶴橋のJR・近鉄の入り組んだ市場街で、ちとわかり辛いか。

平日は9時開店(!)21時閉店ということで、訪れたとき、夜7時半くらいで「もうたいしてネタ無いよ」との大将の声。
そこをO阪府一のネゴシエイター・U御大が押し切って入場。
「ネタ無いよ」と言われて造り盛をいうU御大の豪腕さ。(注:この店はアテ類は2品までとのこと。寿司を味わって欲しいらしい。)
どんなものが出るか心配したが、そーれーがー凄い。中トロ筆頭に貝やら魚やら8種盛くらい。それがうまーい!
残りモンとサービスしてくれたイワシも激ウマー。(注:ここは光り物がうまいらしい。)
そして、大将が自慢の一品ということで出したバッテラ。これがまたとてつもなくウマーイ!
鯖苦手のぱあろくも、大食漢のU御大に取られてはたまらんと箸を伸ばした一品。

日本酒も王禄(激ウマー)とか秋鹿とか。焼酎は兼八のみ。
大将、自分は下戸らしいが、旨い酒を集めるのが好きとのこと。
いやぁ、旨かった。今度は昼過ぎに行きたいね。

ただし、U御大言うには、大将にちょっと癖があるとのこと。合わん人はダメちゃうかとのこと。
自分はヘラヘラ呑んで食ってましたが。

今回の記述に参考させてもらったページ→ココ
ぱあろくが良く行く店もたくさん入ってます。素晴らしきかなB級グルメ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京ぽん購入

京ぽんと何ぞやという人は検索して調べてください(投げやり)
買った自分より(遊びに来てた)妹の方が興奮してましたな。えらい欲しそう。
今日は仕事場に持参しますが、前から色々話していた主査氏にお披露目。
趣旨替えするか?
ま、パソコンと同じ画面というのは中々楽しいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.06

今度のが本震か

もう勘弁してください。
トイレから出たとこで、足元ふらふらするからなんだと思えば、
また来ましたか。
M7.3って阪神大震災のマグニチュード越えてるんですが。
ということは、7時のは前震みたいなので、大きな余震もあり得ることになります。
まぁ、本震より大きな余震はあり得ませんから。
さらに、今度は津波警報発令中です。(1時20分NHK確認 串本で86cmの第一波)
(1時半NHK確認 同規模程度の余震に要注意 東大地震研)

しかし、余震が怖くて、風呂入れねぇ。(というかお湯こぼれてました。)

その後

両親は棚の上のものを下ろして寝てます。裁縫道具を頭の上においてるのは如何なものか。
自分は緊急呼出用のポケットベルの電池を入れ替えて、携帯充電中です。

そういえば、火山噴火日本破滅小説「死都日本」の冒頭のほうで破局噴火のプロローグとして日向沖地震が起こっていた。それも津波警報つき。しかも選挙の投開票日。
今日(というか昨日)、地震に津波警報、奈良市長選挙の投開票。
偶然だよな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.05

地震発生

とっても大きな地震が発生
揺れが非常に長かった
緊急招集がかかるかもしれない。
多分大丈夫と思うが。
以上速報。

津波注意報が出た。
東南海地震の前触れか?

で、現在は平穏を保ってます。

地震発生の瞬間、ベッドにもたれ、ケツから足まで床に接してる状態でMAD映像を見てたら(笑)、揺れがダイレクトに来た。
最初の数秒は上下動、すぐに横揺れが加わり、建物全体がグニャグニャ丸く動いてる感覚。
数秒で治まるか?と思ってたら、なかなか治まらない。
びびって立つことができないうちに、揺れでドアが開いたのを機にテレビ部屋にダッシュ。
テレビをつけて、NHKにして部屋に戻ったくらいに揺れが治まった感じ。
家族留守だったので、両親と結婚した妹から電話が。皆さん、興奮のご様子。(自分もな。)
いや、驚いた。揺れの長さは大震災のときより長い。さすがは海洋性の地震だ。

んで、ウチのマンションは、地下の基盤部分にゴムを挟み込んで揺れを軽減する耐震設計なのに、結構揺れたぞ。大丈夫か?
それと、自分の居室は背の高い家具は置いていない。それで、じっとしといたら大丈夫の思いもあった。
本箱の詰まったテレビ部屋で遭遇したら転がるように逃げ出していただろう。
(事実、大震災では、自分の部屋は崩れたマンガ本で、無茶苦茶になりましたし。)
マンガ好きよ、震災対策を取れよ。マンガで命落としたら本望だが、世間からは笑われるぞ。(と、自分自身に忠告しておこう。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.04

今週の呑み食い

月曜 酒豪K、酒仙M。どこで呑んだか、忘れたわ。とにかく呑んだ(笑)

火曜 U御大と、久々「翌檜の森」(立売堀)へ。馬刺しウマー。造り盛もすごい分量。
相変わらずサービス満点で、味見と称してたくさん呑ませてもらう。(日本酒*2、焼酎*2)
その後、都島のバー「S」へ。

水曜 昼から職場を逃走。(でも、まだ夏期休暇1日半残ってるんだな。減らん。)
ようやく釜たけうどんを食う。ちく玉天ぶっかけ。後からページ見て、谷川風の青唐辛子の佃煮があることを知る。
そういえばそんなものがあったような。残念。うどんは軟かったです。こんなものかな?

木曜 昼間偶然U御大に会ってしまい、夜の約束を強引にとられる。
天五中崎商店街の酒屋の立ち飲み。銘柄地酒が安い安い。高くても500円まで。
それも、酒屋仕様の大きなグラスに並々と入れてくれる。ウマー。計3杯(銘柄忘れた)。
蛸とキュウリの三杯酢やらおでんやら、アテも立ち飲みとは思えんほどでした。良かった~。
大はずれの寿司屋(クソまずくて、すぐ退出)の後、双龍居。
海鮮粥やら小籠包やら腹たまり系食いまくりで、紹興酒1杯だけしか呑めず。ゲフッ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぼくドラ14号

到着です。
表紙はいい。原画はいいねぇ。
それを売買するま(略)

特集も原画を多用し、グラフ誌風で非常に楽しい。

梶尾真治のコメントキターー!!カジシンですよ、カジシン。
「美亜へ贈る真珠」を読んだのは、ヒョンヒョロが載った71日本SFベスト集成だったはず。
(奥付見ると83年の4刷りですか。12歳で購入か(買ってもらったか)、ませてるな。)
いやぁ、凄いです。スタッフ偉い!

Fのひとこま、むぎわら氏GJ!

鴻上尚史インタビューもキター!
F先生の死去後、まともな藤子論の論調を読んだのは、
SPAの鴻上氏のコラムを始めとするわずかなものでしたな。
インタビュー短すぎ。

今回のマンガ
海をひと切れ切りとって
動物くんれん屋
はなバルーン
みせかけモテモテバッジで大さわぎ
ドラえもんの大ひみつ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぴっかぴかコミックス9月分・詳細

今月もドラとポコニャンが刊行されましたよ。

ドラえもん2巻

はいどうたづな
どこでも大ほう
ロボットペーパー
クルリン自動車 未収録
しあわせな人魚姫
ひょう本さいしゅう箱 未収録(FFランド掲載あり)
そくせき海つくり機 未収録
地図ちゅうしゃき (てんとう虫のみ)
トカゲロン 未収録
そうなる貝セット 未収録
ツモリガン
ナゲーなげなわ

完全未収録が4作、FFランドのみが1作と今回も頑張りましたな。
クルリン自動車・・・低学年誌らしいほのぼのとした話。豪快なパンチラショットあり(笑)
ラストの大ゴマもほのぼのさ加減が最高。
そくせき海つくり機・・・道具のデザインが秀逸。不思議にのび太が泳いでいるコマあり。
トカゲロン・・・猫がかわいい、異様に。豪快に車を切断するドラに萌え。(アホか。)
スタートラックは読みたい。世のトレッカー必見(ウソ)
そうなる貝セット・・・後期の作品。世間はやり貝ブームでしたな。
駄洒落尽くし。F先生の落語好きの一端を見るよう。

続いてポコニャン2巻。

冒頭「ポコニャンと楽しく遊ぼう」と題して「ようじえほん」版の11本をフルカラーで。
ぼくだって泳げる
やせがまん
落ち葉たき(←途中まで2色カラー)
ぼくたちだけの家
けっ作えい画を作る
お年玉作せん
ぎゃくもどし
パニックが起きた

カラー作品は味わい深い。
中途半端に2色カラーからモノクロにしたのは残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近買った本(9月上旬号)

前記事の「あきら先生」を除いた新規購入本ですよ。

カッパの飼い方 3巻 石川優吾 集英社
あっきうのどこまで呑むの? あっきう ぶんか社
ぼくの彼女はウエートレス 3巻 重野なおき 芳文社
耕してフォーリンLOVE 1巻 後藤羽矢子 竹書房
来福OL幸呼さん ちば・ぢろう 少年画報社

「カッパの飼い方」ブームですか、ほんまかいな。
アニメ化に、ゲーム化ですか。えらいことになってきましたな。

「どこまで呑むの」酒に関するマンガ(軽めなのだけ)の新規収集物件。
ほんまに「イロイロと」サイテーですな。
あかほりさとる氏に関してはイロイロとありますが、作品読んだだけでは、
単なる酒飲みのオッサンです。

「ウエートレス」最終巻。速いっすね。なんかあったのか?
完結記念プレゼントはいいのだが、なぜ「まんがタイムジャンボ」まで買わねばならん。
悪徳だな。(でも買う自分。)

「耕して」姉妹ライフの後釜ですか。
白泉のやつとか成年向けとは違い安心して読めるタイプですが、
しかしそこはかとなくエロい。
ま、それが受けてる理由なのですから。

ちば・ぢろうさんのは、直球の青年誌エロですな。
しかーし、真実のちば作品と比べりゃ、バームクーヘンの芯の砂糖まみれの部分よりアマーイ。
あんまり書きすぎると、イロイロと疑われるので止めとく。(もう無理か・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あきら先生 7巻キターー!!

出ましたで7巻。
ぼくドラ14号やぴっかぴかコミックも来てるんですが、
今は「あきら先生」キター!です。

新展開です。はい。
独身モノにはツライ(笑)展開になってきましたな。
7巻にして、4コマ系によくある寄稿が初登場。

ま、内容は申し分ないので、とかく言うことは無いのですが、
巻末を見た世の同人作家諸氏は狂ったように妄想し、ペンを走らすのでしょうな。(笑)
冬のコミケではあきら本がうなるように出されることでしょう。(妄想)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »