« 大山インタビュー | トップページ | 最近の酒 »

2005.02.27

駅前の歩き方

ふと、京橋の大阪書店で目に留まって購入。
作者の森田信吾さんは、YJの「栄光なき天才たち」の作画をしとたった人ですね。
あの頃とちょっと画風が変わって、「金魚屋」風ですな。
内容も最近流行りなのか「ワンテーマ」コミック。金魚屋は(懐かし系)マンガだが、これは「食」。
食といっても、グルメじゃなくて、本書でいう「常食」、ぱあろく的には「食の方言」モノ。
「食の方言」てのは、ここでもちょいと書いてる日経新聞・野瀬解説委員の「食べもの新日本奇行」(現在は3杯目)関係を呼んでいただいたら結構。(日経新聞サイトから「生活・グルメ」で簡単に行けますよ。
具体には、大阪の紅しょうが天ぷら、福井のソースカツ丼、姫路の駅そば、加古川のかつめしとかのことね。
で、本書は
長野・伊那市のローメン、静岡市のサクラエビのかき揚げそば、秋田市のババヘラアイス、群馬県・大泉町のブラジル料理、静岡の富士宮焼きそば、長崎のトルコライス、埼玉県・行田市のふらいとゼリーフライ、大阪の夫婦善哉が題材。どんなものかは、本書を買うか、ネットで検索しなはれ。
この中で食べたことあるのは、トルコライスだけ。(谷町筋にトルコライスを出す店があるの。)富士宮焼きそばや夫婦善哉は食べる機会があるがよう食べませんな。
内容はどーってことはないが、谷口ジローの「孤独のグルメ」とか久住さんの「かっこいいスキヤキ」とか「夜汽車」とかの面白みが解る人は楽しいかもね。(方向性が違うよという方はご勘弁。)

|

« 大山インタビュー | トップページ | 最近の酒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30245/3092523

この記事へのトラックバック一覧です: 駅前の歩き方:

» 常食ってナニ? [漫画原作者?の雑記帳]
 別冊モーニングに載ってた頃から、まとまったら読みたいなぁ…と思っていた漫画が単行本になっていたのを見つけたので買ってみた  タイトルは「駅前の歩き方」(作画... [続きを読む]

受信: 2005.03.29 19:58

« 大山インタビュー | トップページ | 最近の酒 »