« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005.04.30

エスパー魔美一挙放送を見た

朝9時過ぎに目が醒めて(前日呑み耽ったくせに)、ふとリモコンを操ると「うそ×うそ=パニック?」が写った。あっそうか、今日は魔美の日かと気づいた。

いやぁ、一日堪能しましたよ。目覚めの一発が「うそ×うそ=パニック?」というのも出かけの駄賃で?たいへん良かった。ましてや最初から旧ドラや肝付スネ夫が味わえるなんて。

今日一日、特に深夜0時以降が珠玉のオリジナル話主体で、特に愛する「たんぽぽのコーヒー」が流れたのが良かった。松尾佳子さん(ところどころマルコを思わせる声でハッとさせられる。)の明彦が他人とは思えない名前で思い入れが強い。単なるエコロジー話ではなく、オリジナル魔美らしい淡々とした人間模様を描いて見るものをのめりこめさせる。非常に充実した一日を過ごした。

願わくば全話DVDがハットリくんみたいに叶いますように。(ついでにチンプイと21エモンも。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.29

3回目も見ている

3回目も見た。ま、それくらい期待を持って見られる作品になってきたな。宣伝時のBGMも耳なじんできた感じ。ジャイママの竹内都子、初登場。うーむ、違和感は無いんですがねぇ。

さて、今回は「どくさいスイッチ」の1話。冒頭の野球シーンは点数表記も同じ。一方、バットで頭を殴るのはさすがにマズイのか、グラウンド20周に変更。しかし、これはちょっと違和感。

未来の独裁者は21エモンルックやね。過去の独裁者たちは微妙。第三帝国はともかく、中国皇帝やナポレオンはねぇ。ま、いいけどね。

しずかちゃん登場。バスソルトですか、お風呂好きの強調ですな。「おかしな人」もカットですか。言葉尻から予防線張りすぎな感が。

点数の上昇やら、ルーチンのギャグが生きてますね。顔の表情や画面構成などの原作の再現性はレベル落ちてませんな。寂しげな空き地の情景だけで感動してしまった。

さて、ミニシアター。今回は「落ちないつな」。前回と違って、貼り絵(アップリケ)アニメ風。何種類くらいバリエーションを用意しているんでしょうな。

後半部分は、構成をちょっと変えましたな。さらに、遊園地のエピソード追加して寂しさをより増す演出。パオパオを出したのはご愛嬌。

終盤は原作に準拠だが、前半のバスソルトを生かして?お風呂シーン。3週連続裸になってますな、のび太。

さて、次回は星野スミレですよ。誰が声をあてるのでしょうか?

おっと、これからエスパー魔美一挙放送を見なければならないので、他の記事はまた明日にでも。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005.04.25

土日の食い意地と酒

土日は金を使いたくないので、引きこもり状態。

土曜の昼は、マルタイの棒ラーメン(ノーマル)を食った後、乾麺のさぬきうどんでぶっかけを作る。晩飯はカレー。

深夜に焼酎(いいちこ)のロック2杯。カルビー堅揚げポテト。ハム2枚。

日曜は、朝、しそわかめのふりかけ飯。昼はローソンのサラダそば、五目おにぎり、からあげ君。晩飯は、スパゲティナポリタン。酒抜き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藤子関係ネタ

・リニューアルドラ2話目の感想を書いてから、他ブログを見て周り、「ドラえもんミニシアター」のことを書くのをすっかり忘れていることに気づいた。

書き忘れは、やはり、演出と作画が世界名作劇場コンビであったこと。しかし、楠葉宏三と関修一がコンビを組んだのは、「トラップ一家物語」(監督とキャラデザ)ぐらいなのが意外だが。

名作ファンもどきとして他の作画面の登板者を考えたら、藤子作品経験もある桜井美千代とかも堪らないし、佐藤好春とか高野登とか個人的ファンなので見てみたい気がする。(後半の人選は妄想大暴走です。)

・土曜日放送の「世界ふしぎ発見!」でネフェルティティの胸像が話題になっていた。ふと「T・Pぼん」でやっていたなと思い出し、ペーパーブック版を探してみたが無かった。

確かめてみると、案の定、単行本未収録の5話のうちの1話だったのね。でも、テレビを楽しんで見てる親父に是非ともその話を読ませたくなって、あるところから頂いた奴を印刷して読ませるあげる。というかコミックトムは当時購入してたので読んでるはずなのだが。ともかく親父も楽しく読んでいるご様子。

しかし、ちゃんとした単行本で読みたい、読ませたいと思う今日この頃。(単なる自慢話でしたな。)

裏のNHKでやっていたからくり時計のドキュメントも「奇天烈大百科」風な組立図が紹介され、思わずにやける。

・コンビニコミック「ドラえもん お騒がせ 剛田兄妹!!編」購入。

内容はどうでもいいのだが、広告中に「ぴっかぴかコミックス」が。その中の挿絵が21エモン。ん、次は21エモンの学年誌版か?「モンガーちゃん」か?非常に楽しみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.24

分割しました

ま、イロイロと考えることがあって、当ブログを漫画・アニメ系と酒・食い意地系とに分割しました。

で、昔からやってるこちらが漫画・アニメ系というか、藤子不二雄先生系に。それプラス関連する雑談系も書いていきます。酒や食い意地系はぱあろくの酒とマンガの日々~酒サイドの方へどうぞ。

さて、これで密度高く話が展開できるでしょうか。いかんせん、文章能力が・・・

※11月8日補記 再合併しましたが、名残として残しておく。コメントも頂いてるし。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.04.22

2回目も見た

「のろのろ、じたばた」、「のび太のおよめさん」も視聴。今回も原作テイスト満載で楽しめましたな。

声優関係は、先生役は高木渉さんと判明。ジャイママは今回は出ずだが、新聞情報で竹内都子とのこと。とうとう声優が主たる仕事じゃない人が声をあてることになったのね。

今回もED無しということなので、このシリーズ中EDは期待薄。というか、歌無しのドラえもんのうたを替えるときがEDが付くと考えるべきか。

「のろのろ、じたばた」は、薬であったクイックとスローがコロンに変更された模様。今は色々と制約がある中、薬物関係は一段とうるさいようで。全くナンセンス也。他に原作から変更されたのは、窓ガラスを突き破るドラえもんぐらいか。

原作の踏襲といえば、のび太の表情が秀逸。さすがにいちばん危ない顔の再現は無かったが、トローンとした表情の再現は旨い。あと「ておくれ」も良かった。一方、着順判定写真風に演出したかたつむり競争はちとオーバーか。

さて2話目「のび太のおよめさん」原作と違い、導入部分が大幅に変更。これは先生を出したかっただけなのか?しかし、のび太の成長写真(&両親の結婚写真)は新たな設定っていうか流用か。これは興味深い。スネ夫の台詞中に「丸井マリ」が。ってなことは、近いうちに丸井マリが登場するのか?さて、星野スミレは?伊藤翼は?

25年後のしずかは、新設定を生かしている模様。スネ夫夫人の設定はマンマだったが。そして、今回ものび太はケツ出してましたな。ノビスケのバットは削除された模様。

その他の話の流れはほぼ原作どおり。

次回は、問題作「どくさいスイッチ」を前後編で。こういう形式が増えるのでしょうか?

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005.04.15

リニューアル見ました

ん、原作テイスト全開でいいんではないかい。

OPは歌無しちゅうのは、ちと悲しいか。変わったアレンジで歌いにくいかも。

今回のスペシャルは、「勉強べやのつりぼり」「タイムマシンがなくなった!!」「思い出せ!あの日の感動 」の3本立てだけど、オマージュ的な作品、SF(すこしふしぎ)、感動作とバランスよし。

キャラの表情も動きも原作を活かそうという心意気にあふれている(気がする。)し、台詞も変な小細工せず原作どおりでいい感じ。ギャグも悪くない。

背景美術も、魔美っぽい淡い水彩風で気に入りました。

さて、話題の声優陣。脇キャラも判明しました。

  • ママ 三石琴乃
  • パパ 松本保典
  • しずかのママ 折笠愛

エライ贅沢な人選ですな。メインキャラが新鮮な分、脇を中堅筋で固めてきたか?今回は出てないが、高山みなみまで出るんでしょ。凄い凄い。

 ゲストキャラもその筋(?)の人にはえらい反響だったようで。

  • 幼いのび太 門脇舞
  • 村長 藤本譲
  • 少女 川澄綾子
  • 少女の父 大滝進矢
  • 少女の母 松井菜桜子

で、肝心のメイン5人ですが、違和感なし。と言ったらウソなのだが、画面の方に注意が走りすぎて、すんなり耳に入りましたな。ん、頑張れ、頑張れ。

次回作の「のろのろ、じたばた」は原作を活かしたこの作りならきっと面白くなるだろうし、「のび太のおよめさん」も今回の作りならば期待できると思いますよ。

早く帰って、納得できる作品が見れて満足。

おっと、今回はEDが無かったな。果たしてどんなEDを用意するのか? ん、無いのか?

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2005.04.09

ちょっと感想

怪物くん「激突!伯爵対男爵」の前後編を見た。(CSテレ朝チャンネル)
素晴らしい作品。酔ってフラフラながらいいものは解る。
ドラキュラ親父と怪物大王の交流とかちょっと見「コブラ」風な危ない野球?の攻防とか見所いっぱい。
それに引き換え先日見た「極上生徒会」とかいう作品の程度の低さよ。
訳解らんパペットがムカつく。(意味があるのならごめんなさい。)
裏の「こいこい7」とかの評判の悪さといい、いったいアニメはどうなるこっちゃ。
(正真正銘の酔っ払いの戯言。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.06

テレ朝チャンネル当面の感想

以前も書きましたが、4月1日からうちの契約しているケーブルテレビで放送が始まった。
1日は酔っ払って見るのを忘れたが、2日になって気づき早速見た。
その日はオバQの連続放送中。すげえ、夜中の3時くらいまでずっとオバQ。
ただし、15分ワンセット(OP→本編*1→ED)なので慌しい。休める暇が無い。
スタッフ標記も汎用のヤツなので資料性は極めて低いですな。

後日、魔美やチンプイも見た。深夜枠で見れるのが嬉しい。頑張れば?早朝枠でも楽しめる。
こちらの方はほぼ放送当時のままだけど、予告が無いのが寂しい。
しかし、魔美を(CSであれ)テレビ放送で見れるとは感激。あとは全話DVD化だけやね。(あとチンプイと21エモンもね)

CMはほぼドラえもん関係と番宣のみなのね。あと、シンエイアニメシアターの番宣の長さがウザイ。(時間調整のためだが。)

28日は魔美特集なので楽しみで楽しみで。

他の藤子話題(新刊やらドラやら)は別記事で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.04

花見のレンチャン

土曜 大阪城で花見(っていうかあんまり咲いてへんけどね。)
音楽堂の裏手当たりに陣取る。周囲にもそこそこの人出。
メンツはいつものとおりのU御大、酒豪K、酒仙M。

酒豪Kが七輪のでっかいヤツを持ってきたので、焼肉やらイカやらを焼いて食う。
さらに、ピザ屋が出前取りに廻っとたんで、ピザを注文。いいカモである。
ついでに、ビールも持ってきてくれるとのことなのでビールも注文。
日本酒は、前もって買っておいた「萩の鶴」。8割方無くなる。
酒豪K持参の日本酒は呑めず、持って帰るのが重いと無理やり押し付けられる。
歩いて帰宅。

日曜日、富田林の甘南備辺りで花見(っていうか咲いていないけどね。)
豚人会なるよくわからないメンツの集まり。
雨が降っていたので、豚人会最高顧問のO総括宅でおでん(5時間煮込み)と焼き鳥。
I総括と延々とビールを呑む。
昼過ぎ、雨も上がったので、近所の農園にイチゴ狩り。
戻っても延々とビール。
帰宅時、春キャベツ3玉と頒布会で貰って呑まないという赤ワインとイチゴ山盛りのお土産。
で、会費1000円でいいの?
富田林駅前の居酒屋で、I総括と更に呑む。熱燗5合ほど。
フラフラになりながらも途中で、天王寺の駅ソバでスタミナうどんを喰らって帰宅。爆睡。
目覚めたら1升瓶2本とワイン1ボトルが枕もとに並んでました。(バカ)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »