« 岡部冬彦 | トップページ | 和亭 »

2005.05.20

わさドラ、6回目の感想

茶風林が円番さんか。コナンめいてるな。
6回目を見て、どうやら、話の筋は原作にできるだけ準拠するが、道具関係はいろいろ変更させるのが、今シリーズの傾向としてはっきりして来ましたな。(わかっとるって)

「○秘スパイ大作戦」
ドラえもんはギャグマンガというのを実感させる1本ですな。原作1巻というのもそう感じさせるのか。
「スパイセット」が人形になったのね。あの「ロボット」の顔のようなデザインが面白いと思うのだが、
目玉ロボットとマイクロボットにアクションさせて、動きのオモシロさで掴む方針なのね。ま、悪くは無いです。
さて、この話の決定的改変は「おねしょ」か。うーむ、仕方が無いか。
ま、原作に沿った純粋ギャグで良かったです。

ミニシアター
見たことあるんだけどタイトルが思い出せない。
2次元のアニメで3次元を2次元にする感覚とは面白い。

「ハロー宇宙人」
ドラえもんはSFマンガというのを実感させる1本ですな。少年サンデーの増刊に掲載されたということがそう感じさせるのか。
こちらは「進化退化放射線源」の名前が変更されましたね。「放射線」ちゅうのが引っかかるのでしょうな。やっぱし。
「UFOレンジャー」は、マンガのままだと、ゴレンジャーかジャッカー電撃隊だから四則に変更ですか。やっぱし。
話の方は、うーん、これは前後編でやって欲しかったかな。コンパクトに収めるために、のび太とスネ夫・ジャイアンのからみが大分カットされてしまったのが残念。名文句「おおっ!なんというきょうぼうな顔つきだろう!」が削られたのがイタイ。
前後編なら、シナリオももう少し膨らまさせることができると思うのだが、惜しいなぁ。

繰り返すが、ジュブナイルSFとしては最高なだけに、長尺で見たかったですな。

次回は出木杉登場。

|

« 岡部冬彦 | トップページ | 和亭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30245/4209110

この記事へのトラックバック一覧です: わさドラ、6回目の感想:

» わさドラ第6回「(秘)スパイ大作戦」「ハロー宇宙人」 [MISTTIMES.com Blog]
比較的初期に描かれた原作からのアニメ化なので、ドラえもんの黒さが一段と光るのがかえって新鮮。さすがにスネ夫のおもらしネタは無理だったか。スパイセットの形状も原作 [続きを読む]

受信: 2005.05.21 00:32

» リニューアルドラえもん感想 #6 [CODY スピリッツ!]
最近、テレビが故障したら60度の部分をたたけば直ると思っている全国のリニューアル版ドラえもんファンの皆様早速感想に入ります。 [続きを読む]

受信: 2005.05.21 15:55

« 岡部冬彦 | トップページ | 和亭 »