« わさドラ、5回目も鑑賞 | トップページ | 双龍居 »

2005.05.15

明石浦鮨・本店

ゴールデンウィークの末日、浦鮨、浦鮨というなら本店に行け!
とのことで、明石の本店に突撃。随員はいつものとおり、U御大。

明石駅からタクシーで数分。海寄りの住宅街の中の魚屋を併設したちょっと入りづらい店構え。
カウンター内に、4人くらいの板前さんがいてビビる。
お品書きを見ても、値段表記は全くなしだ。
動揺しながらもビールを注文し、突き出しと共に食す。

びびりながらも、さっそく、何か食おうとのことで、造り盛りを注文したところ、
細長い皿がそれぞれの目の前に置かれ、ツマが添えられた。「これはやばいぞ・・・」
板前さんが造りを、時間を置いて、数切れずつ皿に置いてくれる。『カンパチです。鯛です・・・』
アジのたたきは小鉢に入れて供された。
「やばい、やばすぎ・・・」
焼き霜造りやアナゴなぞが出た後、大トロが出た!
「トロ、キターーーーー!(ギャァアア)」

我々は初っ端で注文した「造り盛り」で大ダメージを受けた。
かに見えたがU御大は平然と、トロを食いつつ冷酒を飲んでいた。
「肝太いやっちゃ」

その様子を見て吹っ切れたわしと平然と呑んでる御大は次の注文をしていくのだった。

天ぷら盛り合わせ(海老2匹、アナゴたくさん、海老の頭はトロトロでウマー!)
ワタリガニ蒸し物(半身づつに分けてもらった。卵がウマー!)
酒はびびりがちで焼酎に逃避。(わしは。)

寿司は安め系の数品(巻とかも入れてね。)頼んで、締めとした。

さて、いくら掛かったか?わしも御大も3万は超えてるやろうと観念していたが、
2.5万くらいで済んだ。やれやれと言いたいところだが大打撃だ(笑)

やはり貧乏人は道頓堀で満足すべきと反省しつつ、歩いて明石の駅前まで移動。
駅前の居酒屋で反省会。というかまた呑んだだけ。こちらは激安で2人で2000円でした。
わたしにゃ、こっちの方が似合ってますな。

|

« わさドラ、5回目も鑑賞 | トップページ | 双龍居 »

コメント

8/14に神戸空港の店に行きました。昼時の最終でした。お鮨は大変美味しくいただきましたが、ウエイター、ウエイトレスにがっかりしました。又板場には、3~4人いましたが、誰が大将かわかりずらく、軽妙なやり取りを期待していたのにがっかりでした。上がりを出すタイミングは悪いし、何より頭にきたのは、「赤出汁」が鮨を食べ終わって、少ししてから出たのにはエー何~。
ちょっとがっかりしたなー。
今度は明石の本店に行きたいと思ってます。
懐を暖めてから。

投稿: モコパパ | 2006.08.15 13:49

モコパパさん、どうも。
浦鮨の神戸空港店は大規模みたいですので、大将を探すのは難しそうですね。
大将は、ええ人なので是非とも話をしてもらいたかったですな。
ちなみに、道頓堀店はちっちゃいので、濃厚な駆け引きが楽しかったです。(現行の店舗形態はちょいと方向が違うと思います。)
本店は、仰るとおり懐を大層暖めてから来訪してください。びびりましたから(笑)

投稿: ぱあろく | 2006.08.18 01:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30245/6545626

この記事へのトラックバック一覧です: 明石浦鮨・本店:

« わさドラ、5回目も鑑賞 | トップページ | 双龍居 »