« わさドラ11回目感想(+α) | トップページ | わさドラ12回目(SP)感想 »

2005.06.30

すみた

まー、なんというか唐突に東京に行ってきました。
理由は内緒ですけどな・・・
で、ホンマの目的となるのは極東讃岐うどんを食うことと神保町の書店街に行くことだけ。

本屋の話は違うとこですることにし、ここはうどんの話。
北区十条にある「すみた」に行ってきた。各種メディアで取り上げられる有名店。
夜行バスで東京に着いたため、11時の開店にはたっぷりと時間がある。
ので、埼京線の駅そばにある新規開店したばかり(みたい)のマンガ喫茶で粘る。

11時を過ぎたので、アバウトな地図を頼りに「すみた」に向かう。
が、演芸場通りが見つからない。というか、北口と南口の通行方法がわからない。
で、えらい遠回りして踏切を渡り、演芸場通りに到達。
話に違わず狭い通り。その名の通り大衆演芸場も発見。さらに、その先に「すみた」を発見。
11時をちょいと回ったばかりなのに、店内はほぼ満席。満席といってもカウンター数席に2人掛けのテーブル2つだけの小さな店だ。
その中には、ビール片手におでんを突付いてるお兄さん2人連れも。(羨ましい!!)
で、定番メニュー「かしわざる」を注文。本家の方の「はりや」のも食ったこと無いのに。(おいおい)
天ぷらは通し揚げ(注文してから揚げることやね)なので、ちょいと時間がかかる。

で、キター。ざるの上に、かしわ天6個にしし唐天が一つ。そして、太めのうどんの山の上にはレモンが一切れ刺さっている。
付け出汁は、いりこの風味豊かで、それにゴマと生姜と細ネギの薬味が効く。
うどんの歯ごたえは抜群だ。ただ硬いのと腰があるのを勘違いしてる店にはこれでも食らえの旨さだ。
かしわ天も、唐揚げと違いふんわりでジューシーだ。下味の付け具合もウマー。
ガツガツと瞬時に食ってしまい、店前に行列が出来る前に退散する。
しかし、昼間からビールでおでん(さらに、天ぷら盛とぶっかけうどん)のお二人には恐れ入った。

そのまま、演芸場通りをまっすぐ突き抜けると、京浜東北線の東十条駅はすぐだった。
050629_1141001 ←一応証拠の店の看板

|

« わさドラ11回目感想(+α) | トップページ | わさドラ12回目(SP)感想 »

コメント

初めまして。
最近「すみた」行ってきました。
常連客から噂だけ聞いてたんですが、旨かったです。(^^)
嫁の頼んだ冷やしの方がコシがあってより旨かったですけど・・(^^;

投稿: 1ststep | 2005.07.01 18:56

古書店の店主様にコメント頂いて感謝です。
私もマンガ好き、旨いもの好きなもんで。
そちらのブログに「すみた」の記事が出たらTBさせていただきます。ありがとうございました。

投稿: ぱあろく | 2005.07.02 17:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30245/6545633

この記事へのトラックバック一覧です: すみた:

« わさドラ11回目感想(+α) | トップページ | わさドラ12回目(SP)感想 »