« FFAランド完結について | トップページ | わさドラ16回目 »

2005.07.29

1週ぶり、わさドラ15回目

いやぁ、まだ7月なのにバテバテで書き込む元気もなかったんですが、1週ぶりにドラ放送ということで、とっとと帰宅して視聴。そして無い元気を振り絞って書き込みです。
さて、今回は小品(短ページ数)で、かつ有名作品ですな。

今回からタイトルコール部分でピー助の卵らしいのが登場。3月に向けて成長なりするんでしょうな。
1話目「ころばし屋」
原作はわずか7ページ。物騒なセリフは相当改変されてましたが、「殺し屋」とか、「血も涙も無いころばせぶり」が健在で笑う。
ころばし屋の「ニヤリ」とした笑顔も効果音と合わさればとてもいい感じ。ただ、ピストルが「空気砲」ッぽいデザイン。
話をふくらますために、ジャイアンの逆襲シーンや町内を逃げ回るのび太と巻き添えの不幸な通行人のシーンはアニメならではで見せる。
空き地の決闘シーンも、西部劇をからませ、さらにのび太数少ない特技、射撃を強調させ楽しい。(輪ゴム鉄砲というのが泣かせる。)
クライマックスのBGMが「サイコ」調で緊迫感を煽る、煽る。
最後のニヤリまで楽しい作品でした。

ミニシアターは「どこでも蛇口?」塗り絵タッチ。

2話目は「きこりの泉」
これまた7ページの小品だが、「きれいなジャイアン」でカルト的人気の1作だ。
女神ロボットは、川村万梨阿さん。まぁ、アンジェレッタというか全盛期のパイオニアLDC(あーるとかガルディーンとかラジオ英雄伝とか)というか。
脱線しすぎた。
ま、ほぼ原作どおりの展開だが、それじゃ話が早く終わってしまうので、スネ夫の話が加わる。
巨大ロボットが「マ」とか言って、ジャイアントロボかいな。
締めは当然、「きれいなジャイアン」。やっぱインパクト強いね。先の「ぼくドラえもん」においてカラーで収録され、注目を浴びたが、動くアニメはいいな。

さて、次回は「ドラえもんの大予言」、「白ゆりのような女の子」。原作初期作をどのように、現代風に演出するか楽しみ。

|

« FFAランド完結について | トップページ | わさドラ16回目 »

コメント

わさドラも15回目ですか!
日記続きますね。
本日(30日)はビール祭りなので、携帯よろしくです。
ファンの方スレ違いすいません。

投稿: U&K・・・ | 2005.07.30 03:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30245/5218868

この記事へのトラックバック一覧です: 1週ぶり、わさドラ15回目:

« FFAランド完結について | トップページ | わさドラ16回目 »