« 食い意地メモ1 | トップページ | わさドラ感想(12月1回目) »

2005.11.27

食い意地メモ2

長くなったので、分けました。

○堺東の立ち飲み
某昇進試験は、大阪府立大学で行われる。
ので、終わって呑みに行くといったら堺東である。(偏見)
日曜の早い時間から開いてるのは、庶民の味方・立ち飲みしかあるまい。(偏見)
で、マルホ商店に突入。
通し揚げではないが、再度揚げ直してくれる各種天ぷらがウマー。
生ギモとかもあって旨い。酒もイロイロ(濁りなんてのもあった。)
ぶっちゃけキチャナイ店だが、店の大将初めおっちゃんおばちゃんが親切だ。
なのでか、日曜の夕方なのに店は大混雑!おっちゃん連中、家で飯どーするの?
いやー、堺に転勤になったら通いそう。
2軒目はどーってことなかったので省略。

○「ながほり」と「とんど祭り」
居酒屋「ながほり」に行った。
いつの間にか、大将にも顔を覚えられてU御大(また一緒か)は楽しげに談笑中だ。
相変わらず料理は激ウマ!魚の肝煮の「ホルモン」は目がくらむ旨さ。
揚げ野菜の甘酢餡は死ぬほどの手間がかかって家では出来んな。
さてさて、そこで来年の高津宮の「とんど祭」の話に。
そして、何故か落語会の話になって、いつの間にかチケットを買っていた。
という訳で、明日というか今日落語会に出発。感想は後日。

さて、昨年の「とんど祭」には、最近訪れた「うずら屋」(京橋の奥地所在)が出店してるのに気づいた。
比内地鶏やホロホロ鳥、白金豚とかを食わさしてもらったが、まだ堪能するまでには至っていない。
是非ともリベンジしたいのだが、この店、以前はよく店の前を自転車で通っていたのだ。
深夜の閉まった後だったので、そんなに凄い店とは知らなかったが。

来年のとんど祭は「釜たけうどん」が新規出店ということなので大分楽しみ。

|

« 食い意地メモ1 | トップページ | わさドラ感想(12月1回目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30245/7337440

この記事へのトラックバック一覧です: 食い意地メモ2:

» 【秋田】比内地鶏のワイン蒸しどり [Sunday Shopping Blog]
比内地鶏を純粋に味わうには焼いたり揚げたり煮るよりも蒸すのが一番です! 独特の香味がほのかに残り、口の中ではゆっくりとウマミが溶け出して、比内地鶏の味を十分に堪能できます。 白ワインで肉の味をグッと引きだしたこのお品は大人向け。 お好みでバジルソースやマ... [続きを読む]

受信: 2005.11.27 15:08

« 食い意地メモ1 | トップページ | わさドラ感想(12月1回目) »