« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006.01.20

最近買った本(ミニ)

ちょいと忙しい状態が続いている。
明日のドラも見れませんな。残念。
しかしながら、久しぶりに本屋に行けたので、軽く鬱憤晴らしに数冊購入。
で、ちょっと紹介。

デスプリ2巻、特殊能力アビルEXTRA、文庫本のおそ松くん22巻の3冊。

デスプリはエロイですな。小学館はというかサンデーGXは無法地帯か?
特殊能力アビルEXTRAは、各所に藤子ネタあり。さすが、おおひなたごう。
「デビルマンとわたし」というエッセーに、パーマンがちらり。
「四畳半SL旅行」の1コマから構図を頂いたとしか見えないカットとかあって、おおいに笑う。
特に、「映画とわたし」というキネ旬に載っていたエッセーは藤子ファン必見だな。
「まんが道」のヴェラクルスのひとくだりを題材に読ませるし、オチが凄い。オモロカッタ。
おそ松くんは「おはげのKK太郎」目あて。ようやく買った。落穂ひろいも疲れるわ。

今回はこんなところで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.16

近況

えー、最近は「ウィキペディア」とかにはまっている毎日だったんですが、とうとういわゆる「ソーシャルネットワークサービス」とやらに招待されてしまいました。これでネットでやってみたいモノは、すべてやり尽くしてしまったような気が・・・うーむ・・・

しかし、このブログは、藤子関係の記事を書くために存在してるんで、溜まってる記事を消化するためにも頑張りますと書いて今日のところはシメ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.15

1月11日&13日 翌檜の森

西区阿波座のなにわ筋沿いのちょいと入ったところにある居酒屋。
なぜか、大層サービスがいいお店で、行けば確実に日本酒の味見と称して数杯「タダ」で頂ける。大将は封切りとか全く厭わずにほいほいと入れてくれるもんで、嬉しいやら恐縮するやら。
ほっといたら、さつま揚げやら漬物盛りやらもサービスで出してくれる。
ここは、先の日記にも出た「U御大」紹介の店だが、ヤツが何か弱みでも掴んでるんじゃないかと睨んでいるのだが・・・

11日は、御大と「馬刺し」が食いたくて出撃。
13日は、新年会と称して、職場のI総括、Aくん、Sさんと出撃。

両日とも、店サイドからの相変わらずの振る舞いっぷりで、13日は若手有望株で乱れたことが無いAくんが酔い潰れるアクシデント。
しかし、飛良泉を始めとする数多くの地酒と異様なほどの品揃えの焼酎攻撃にはただただ白旗。ここは絶対お勧めですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月9日 とんど祭

9日の高津宮のとんど祭は、落語会のチケットを居酒屋「ながほり」の大将から購入するも結局その日のドタバタで行けず、友人のU御大と仕切りなおしで、鶴橋の寿司屋「G」に出かけた。
「G」に着くと、大将と奥さんがエライお冠である。なにやら「ネットでイロイロと記事にされ、それによって税務調査が入って、えらい取られた」とのこと。
大将はわしが記事にしてることを知ってるので、責任の一端はお前にもあるぞとのことだったが、「すんません」の一言でケリ。
U御大によると、店の写真まで出して騒いでいた人もいるとのこと。いやはや。(まさかmixiか?)
それはともかく、わしの仕事を知ったら、どんな怒りになるのやら(^^;)
ということで、これからも店名はイニシャルトークで。

休み中で、海が荒れてネタが少ないながら、
鱈白子ポンズ
烏賊のくちばし串焼き
ブリ腹の造り
みたいなアテを肴に日本酒「王禄」を一杯二杯。
寿司もたらふく食って、たいそうかかりましたが、満足満足。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.02

まんが道感想

さてさて、チャンネルネコの「まんが道」一挙放送を見終えた。
初回放送は、1986年(昭和61年)11月のNHK・銀河テレビ小説。おおよそ20年前だな。
わしゃ、当時中学3年。放送時間には、きっちり見てて、撮りはじめていたビデオテープにも残している。
そのテープに入っているのは、「ポリアンナ物語」「サジタリウス」「ワンダービートS」「Bugってハニー」とか。
懐かしさに目がくらみそうだ。
その年の藤子作品は、鉄人兵団と猿とオバQの劇場アニメ、竜の騎士の連載。FFランドも刊行3年目。
まだ、若く、こってりと藤子ライフを満喫していた時代だな。

20分・15回。約6時間あっちゅう間やね。
ま、一部改変があったり、学生時代のオモシロエピソード部分が軒並みカットされてるのは痛いが、面白いわ。
一般視聴者にも受けて、翌年に続編が出来たのもわかる話だ。
江守徹の演技が秀逸で、手塚先生の資料を全く見ずに演技して、安孫子先生に「激似」と絶賛されたことなんかでも有名ですな。
まだ二人で一人の時だから、ネコとじゃれ合い、ドラえもんを空想する才野なんてシーンもありだったなんだとシミジミ。
関俊彦と佐久間レイがちらと出てくるのがポイント。(何の?)

ま、早いとこ、「まんが道・青春篇」も見たいところだ。

しかし、いちばんの感慨は、一緒に見ていた母の一言「この二人のどっちが藤子で、どっちが不二雄?」
藤子ファン暦30ウン年の息子もガックシの年始のヒトコマ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.01

あけました

という訳で、おめでとうございます。
本年も当ブログをよろしくお願いします。

今年も、藤子関係や他のマンガの感想や酒呑みヨタ話を記録していきたいところですな。
目標は毎日更新ですが、さて、どこまでできるやら。(三日坊主にも成らんかもね、ってヲイ)

近況→31日まで旅行中で、わさドラSPも遅れて鑑賞。
呑み話やら購入本やら藤子関係(NU到着とか)はまた今度に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »