« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006.08.21

【無駄に長文】アニマックス36時間に付き合ってみた

アニマックスの36時間東映アニメのを、随分と見ていた。
しかし、69作品もあって藤子作品がないというのは凄いことで・・・
土曜の朝9時から始まっていたが、気づいて見だしたのは2時半過ぎの「ストップひばりくん」から。
「あさりちゃん」も「パタリロ」も「Gu-Guガンモ」も見逃してしまった。
「キン肉マン」「ラーメンマン」「ビックリマン」と見て、(「マン」特集か!)80年代のアニソンはいいと感動。
5時台は、「セーラームーンR」、「ドラゴンボールGT」と鑑賞。GTの最終回始めて見る。
続けて「鬼太郎」(第4作)と「おジャ魔女ドッカーン」と続けて有名人の声優起用モノを見る。(京極夏彦と原田知世)
おジャ魔女の原田知世の出た回は、過去見たことがあるが、普段の「おジャ魔女」らしくないので、ベスト作品といえるのかいな。
7時台のプリキュアとデジモンは興味無しなので、飯食いながら他のチャンネル。
8時台の「ガイキング」「大空魔竜ガイキング」の新旧ガイキング、「燃えろアーサー」「流れ星銀」と続けて見る。古い2作はささきいさお全開で燃える。宮内さんも最高。
10時台から、男臭いゾーンに突入。「北斗の拳」「男塾」「がんばれ元気」と続けて。久々に「一片の悔いなし」と「このリハク・・・」を見て笑ってしまった。
「キックの鬼」はOPだけ見て、「タイガーマスク」はEDだけ見る。格闘技は興味なし。
「グランプリの鷹」は見る。「オレは鷹だー!(タカー!)」は思わず歌ってしまう。
1時になったので、裏チャンネルのキッズステーションに移って「スタチャアワー」
2時に復帰し、「ハッスルパンチ」を見る。大塚康生氏が登場。老けたねぇ。大山のぶ代さんの声若い。
その後、「海賊王子」のOPのみ見て、裏のキッズの「くじびきアンバランス」を(^^;)
3時に復帰。「原始少年リュウ」を見てる途中で力尽きる。睡魔には水木節も効かず。
翌朝9時半過ぎの「地獄先生ぬーべー」辺りで目が醒めるが、10時過ぎから例のアレのため外出。
そのため、10時台からの少女向けゾーンが見れず残念。
11時半過ぎ帰宅し、「さるとびエッちゃん」を見る。ブクがいい。
「セーラームーンSS」は飯を食いながら付けてるだけ。「金田一」は肝付兼太さんが犯人役の回なのでじっくり。
「スラムダンク」は興味無しなので、他のチャンネルをザッピング。
「釣りバカ日誌」、「ピュンピュン丸」、「もーれつア太郎」(第1作)、「009」(モノクロ)とトキワ荘・スタジオゼロ関係者ゾーンは真面目に見る(笑)
「釣りバカ日誌」はようアニメになったもんだ。財津さんの歌は最高。「ア太郎」の話は赤塚キャラオールスター出演で豪華。「009」の話も8月には相応しい反戦モノ。
続けて「バビル2世」を見るも、それ以降のプログラムに興味を惹かれるものが無いためようやくテレビを消して外出。
帰宅後、新作の「リリとカエルと(弟)」を見終えると思わず眠り込み、気づいたら「ハーロック」が始まっていた。
その後「999」を見て、お暇な2日間が終わった。トータル15時間もお付き合いしてしまった。阿呆也。

ま、ラインナップの感想では、スタジオゼロの「レインボー戦隊ロビン」が欲しかったな。これが入れば大きな枠組みで藤子作品が上映されたものの、残念。東映魔女っ子が少ないのも不満だな。
それにそもそもの劇場版作品が「こねこのらくがき」1作だけというのは酷いんじゃないかな。「長靴をはいた猫」くらい上映せんと。
「ホルス」を「ゆうれい船」を「白蛇伝」をやんなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006.08.17

藤子メモ(産経新聞)

産経新聞朝刊の連載コーナー「話の肖像画」で、大山のぶ代さんの聞書きが掲載中。「どら声に秘めた涙」今日現在で2回目です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.04

魔美さん、到着

はいはい、8月4日ですよ。
昨日の時点で、ヤフオクに写真付きで出品されていたのには笑ったけど、とうとう手元に来ましたよ!魔美さんが!

さてさて、いろいろとありますが、
上下セット連動の特典の非売品DVDの内容は、「未公開パイロットフィルム、次回予告、ノンテロップOP・EDなど・・・」とのこと。
ん?次回予告!?本気か?! 1つ1分でも、約2時間やで!
はてさて、全部収録されるのか?フロンティアワークスの力量や如何。

レーベルのイラスト
1 魔美
2 高畑
3 パパ
4 ママ
5 セーラー服魔美
6 黒雪妙子
7 エスパーお魔美(バニー)
8 エスパーお魔美(チャイナ)
9 番野
10 ドロシー魔美

妙子と番野ってどういう選択肢だ(笑)竹長や富山、幸子にノンはどこにいった?
ま、下巻で登場だろうけど。

さて、さっそく見てみましょうか。

しまった、ドラ見忘れた(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »