2007.04.06

再開ですよ(本気か!)

みなさん、お久しぶりです。
生きてました。

さてさて、年明けから年度末にかけて、仕事でケツに火がつくどころか火ダルマ状態で余裕もへったくれもない状態で、ブログどころではありませんでした。

年度始めになると、パタッとお気楽状態になりました。まったく総務の仕事というのは・・・

ま、この間もイロイロとありまして、しっかり呑んでいるし、しっかりと買って読んでるし、しっかりと寝込んでいるし(おいおい)。
呑み関係では、新規店にはあまり行ってませんが、豊津の寿司屋とか福島のイタリアンとか桜ノ宮のラーメンとか茨木の餃子屋とか東淀川の中華屋とか江坂の洋食屋とか大川沿いの中華屋が新規かいな。(ってようけ行ってるやん!)天神橋筋商店街と福島は旨いとこ多くてお気に入りですな。

読書関係では、鉄道モノの書籍もブームですな。宮脇俊三の再認識みたいなことも進んでるようで、娘さんの「父・宮脇俊三への旅」なんて本が発刊されたし、酒井順子の「女子と鉄道」とか吉田戦車の「吉田電車」みたいなのも出てますしね。
瀬名秀明の「八月の博物館」、文庫を見つけて買いました。ハードカバーも買ってあるんですが、藤子ネタチェック用に書き込むために買ったんですが、結局は読み込んじゃいましたな。「贈る物語Wonder」は同じ瀬名さん編のアンソロジーですが、副題が「すこしふしぎの驚きをあなたに」ということで、これも藤子ネタ満載でした。岡崎二郎も載ってるぞ。
相変わらず食い意地系の本も買い込んでいて、ちくま文庫の「B級グルメ大当たりガイド」(田沢竜次著)なんてのを買ったら、挿絵が桑田乃梨子。よくよく読んでみると「フジコ者」「まんが道」「テラさん」というキーワードがチラチラ。桑田乃梨子もフジコ者だったか。道理で波長が合うはずだ(おいおい)

漫画関連では「のだめカンタービレ」読みました。オモロイですな。妹の本ですが。
二ノ宮知子といえば「平成よっぱらい研究所」しか印象がなかったんですけどね。本の行方は不明だし。
テレビアニメも深夜枠ですが、少年陰陽師(早く第二部を見せてくれ)と一緒に楽しんでいたし。(まだやってますよ)
かくいう「研究所」は妹が勝手に自分の書庫に移していたようです。返せ!
ま、漫画はぼちぼち別に記載していきますか。

お出かけは、ぼつぼつ。花見も行きましたし、落語会も久々。くろもん寄席で文珍師匠の古典落語という結構貴重な一席楽しんできました。
ま、これからはちょくちょく書いていきましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005.12.27

近況という長文

えー、近況です。
忙しいというのは建前で、ブログの方はサボリですな。
最近、フリー辞典の「Wikipedia」の執筆というか、球拾いに夢中。
藤子関係はしっかり書かれており、手出しができないので、大阪関係とか、落語とか、岩崎和夫とか(笑)に少し加筆ぐらいか。
そんな中、「大阪府庁舎」を書いてみたけど、情報がへぼへぼなので、誰か加筆してくれ。
で、わかりやすい名前で書いてるので、探してみてください。

さて、飲み屋巡りは相変わらず。先日も、「浦鮨」破滅ツアーに、酒豪Kとモジャ主査。破滅するのは私らなんだけどな(笑)
しかも、「浦」の大将はなんとしても、わしらに河豚を食わそうと画策してるらしい。困ったもんだ。
「ながほり」「ほてい寿司」にも参上。「ながほり」はとんど祭りの落語会のチケットを購入しに。
しかし、年末の今更になって、その日がダメになってしまった。少なくとも「落語会」はアウトだ。誰か代わりに行ってくれ。
なお、上記2店はいつもの通り、U御大。ったく。
梅田の焼肉というか焼いて貰ったのを食う「やまき」は8383氏と。
年末のうちに、「すしぎん」と仮称「バー”S”」は行けそうにも無いな。
そうそう、8383さんから通報で「讃岐家」が閉店とのこと。深夜の高松で(うどんで)楽しめる数少ない店が減ることに。
「なめころし」の衣鉢を継ぐのはどこ?

さてさて、酒屋巡りもしている。U御大に教えてもらった、通な酒屋が2軒。
一つは、都島の内代にひっそりとある「杉本商店」
見た目は潰れそうな酒屋(失礼)だが、品揃えが凄い。大将の力の入れ具合が解る。
もう一つは、上新庄あたりの「イケヤ」。
銘柄地酒がびっくりするほど安い。芋焼酎の「甜」と原酒の「ゆららか緑川」を購入。
ついでに、前に買った時にはまった「ウニの瓶詰め」も。
「甜」はあまりの旨さに、驚くべき速さで呑んでしまった。
「緑川」も着々と減っている。年内に飲み干しそう。
内代はともかく、上新庄はそう簡単に行けないのが痛し痒し。

さてさて、落語会にも行っている。高津宮のくろもん寄席。お察しのとおり、「ながほり」経由。
その時の演題。
「子ほめ」桂三弥
「晴夫の遺書」桂三若
「茶の湯」桂こごろう
「長短」笑福亭猿笑
三弥師匠、三若師匠は三枝師匠のお弟子さんで、こごろう師匠は南光師匠のお弟子さん、猿笑師匠は松鶴師匠のお弟子さんかつ、三遊亭円生一門でもあったらしい。(なので「えんしょう」)
三弥師匠はお若いだけあって、これからこれから。三若師匠は最近頑張っていますな。テレビでも拝見します。ネタは創作落語。オタクでニートな話。よく解る(笑)
こごろう師匠は大熱演で大爆笑。さすが正統派・米朝一門。今回の目玉。猿笑師匠は小品だが、江戸落語の香りもしていい感じ。扇子や手ぬぐいとかの使い方も粋だ。いちばんの年長できめ細かく、客に丁寧に挨拶されていた。客の見送りは表に出てまででえらく感動した。

最後はマンガだ。
藤子関係は別格なので置いておく。
ラズウェル細木の出版ラッシュが凄い。「酒のほそ道」18巻、「大江戸酒道楽」「ラ寿司開店!!」「美味い話にゃ肴あり」と酒ほそのスペシャル本と立て続けだ。スペシャル本以外は購入。面白ーー。
「風雲児たち 幕末編」8巻もキター!即購入。唐沢なをきの「漫画家超残酷物語」もゲトー。トキワ荘ネタ有。
定番の「並木橋通りアオバ自転車店」16巻と「ふたつのスピカ」9巻も当然の如く購入。
4コマも「Good Morning ティーチャー」6巻と「けものとチャット」1巻も押さえておく。

星界の紋章特別編を見ながらだったので、もう3時だ。ヒーーー。

藤子関係はきちんとやります。ほんとに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)